【学生へ突撃インタビュー⑬】山梨の魅力を女子目線でプロデュース!〜モモハナ代表/井出麻乃さん編〜



新しい視点で、新しい自分を見つけたい

そんなあなた!

この記事が、それを見つけ出すヒントになるかもしれません♪


同世代で挑戦中の全国の大学生にインタビューする本企画。


第13弾となる今回は、

山梨のいいもの、ことを女子目線でプロデュースし、広く発信していくことを目指す団体、「モモハナ」の新代表、山梨県立大学の学生をお伺いました!

こちらの方にインタビューしました!





※今企画の前々回、モモハナの前代表に取材をさせていただきました。団体の詳細については是非その記事をご覧ください!

【学生へ突撃インタビュー⑪】山梨の魅力を女子目線でプロデュース!~モモハナ 代表/竜沢華林さん編~



モモハナについて



ーーー今年度のモモハナの目標、現在予定している活動内容についてを教えてください!

井出さん
前代表の尽力あって、モモハナの存在はとても大きいものになりました。今後も、より広く、県内外に認知を広めていきたいと思っています。

モモハナとしては、現在の目玉商品である『モモハナ印伝』の新デザインや今大きくなってきている大月桃太郎伝説関連のプロジェクトをもっと進めていきます。また、地元のテレビ局や企業と協力して山梨のイメージビデオを作成したり、大月市のふるさと納税商品をつくったりという企画が走り出しているので、そちらにも注力していきたいです。

私個人としては、私の地元である富士河口湖町という地域にある企業とタイアップして何か活動したいと思っています。



桃太郎もち



ーーーモモハナに参加したきっかけはどんなことでしたか?

井出さん
インドネシアに留学をしていたのですが、コロナの影響で途中で帰らざるを得なくなり、中途半端な気持ちのまま帰ってきました。
しばらくは、何をやるにもモチベーションが低くて、どうしよう。と悩んだ時期がありました。これではダメだ。何かしよう。と、前からインスタグラムのアカウントを見て興味があったモモハナに問い合わせて、前代表とお話しをさせていただいたんです。

その時モモハナと、前代表の魅力に惹かれて、参加することにしました。




ーーー1年生から参加されていたわけではなかったんですね!どういった経緯で代表になられたんですか?代表になってみて心持ちはいかがですか?

井出さん
そうなんです(笑)
代表にさせていただけた理由としては、私が山梨出身で、身をもって山梨の魅力を伝えられるということがあると思います。
また、去年複数プロジェクトが稼働している中で、一番進捗があったプロジェクトのリーダーが私だったんです。それもあって選んでいただけたのかなと思います。

ただ、今はすごくプレッシャーに感じています(笑)
私はみんなを引っ張っていくようなタイプではありません。みんなに寄り添いながら、必要な判断、決断は責任を持って私が行なっていく。そういった代表になりたいと思います。






留学について



ーーー8ヶ月ほど留学に行っていらっしゃったということですが、インドネシア留学でどういったことを経験されましたか?

井出さん
いろいろありましたが、大きく分けると二つあります。

一つ目は大学生活です。インドネシア大学で、インドネシアの経済学、経営学、アントレプレナーシップなどについて学びました。大学で出会った学生がやっていた環境関係の活動にも参加し、小学校に訪問して、日本のゴミの分別の方法などについてスライド を用いて解説していました。

二つ目は現地のNPO団体での活動です。貧困地域に住んでいる家族の子供に対して、英語を教えていました。




ーーーいろいろな活動をされていたんですね!あれ?もしかして、英語を教えていたときは、インドネシア語を使っていらっしゃったんですか?

井出さん
そうですね。現地の母国語はインドネシア語なので、インドネシア語を使って英語を教えていました。

最初はインドネシア語は、「ありがとう」「こんにちは」しか話せませんでしたが、一人暮らしをして毎日を過ごす中で、少しずつですが話せるようになっていきました。
単語とボディランゲージでかなり意思疎通はできましたよ(笑)



今後の展望



ーーー大学四年生ということは現在は就活をされているんでしょうか?

井出さん
はい。絶賛就活中です!

働いている人が自分と合うか、周りと切磋琢磨しながら成長できるところか、自分の裁量が大きいかということを軸として就職活動をしています。

IT系の営業職を探しています。


ーーー将来、こうなっていたいな〜というイメージはありますか?

井出さん
まだあまり具体的ではないのですが、企業で働く中で得た知識を元に、将来的には自分で事業を起こしたいと思っています。

山梨に関係あることはもちろん、山梨に関係ないことも幅広く見ながら、より具体的なやりたいことを見つけて行けたらと思っています。






感想・まとめ






取材を担当した学生ライター
まさき

最近は山梨に関わる取材が多いですが、取材するたびどんどん山梨の魅力に引き込まれていきますね〜
井出さんも、山梨の食べ物のおいしさ、人と人との距離の近さを魅力に感じていらっしゃるそう。「吉田のうどん」という、激硬うどんがあるらしく、それが大好物なんだとか。
山梨を訪れたら行くところリストにひとつ追加ですね。

井出さんが去年主導されていたプロジェクトは郡内織物の開発だったそうなんですが、ゼロから企業と協力して製品開発に漕ぎ着けるまで進められる実行力がすごい!と感じました。実際に企業さんの生産現場へ見学へ行き、廃棄予定の生地に着目。それを使ったリサイクル商品の企画をされたそうです。

学生団体での活動、留学の経験。今までのたくさんのユニークな経験が就職活動にも生きてきそうですね!
就職活動もモグジョブ一同応援しています!!!

今後も「大学生インタビュー企画」を継続していきますので、この記事を見ている皆さん、もしくはお知り合いでこんな活動をしています〜という方がいらっしゃったら是非ご連絡ください!(そしてお話お聞かせください!)