【超入門】Web会議ツール「Zoom」の使い方② - 2回目以降の立ち上げ方



 
Zoomとは、PCやスマートフォン、タブレットを使って、セミナーやミーティングをオンラインで開催するために開発されたWeb会議ツールです。
 
 
新型コロナウイルス感染症が世界中に拡大する中、ご自宅などから相手の顔や資料を見ながら、遠隔でのコミュニケーションが取れるツールとして、利用が増加しています。






 
今回は、そんな便利なZoomの使い方を解説する、第二弾として

2回目以降のZoomの立ち上げ方(URL・アプリからの参加方法)


について説明します。


 
▼ インストールなど


▼ 参加中の操作

 
 

招待URLから参加する場合



 ■ パソコン編
 
①既にご利用のパソコンにzoomがインストールされている場合、直接「招待URL」をクリックすると、ブラウザが立ち上がります。
 
 


 

 
②しばらく待つと、「起動中…」の表示が出て、ブラウザ上部に「Zoom Meetingを開きますか?」というポップが表示されるので、 「Zoom Meetingを開く」をクリックします。
 
 


 
 
 
③しばらくすると、Zoomが起動して、ミーティングに参加ができます。
URLで接続される場合、パスワードの入力はございません。
 
 


 ■ スマホ・タブレット編

メールなどで送られてきた招待URLをタップすると、既にインストールされているZoomのアプリが起動して、ミーティングに参加されます。
 


 
 
LINEに送られてきた招待URLをタップすると、「サポートされていないブラウザ・・・」という画面になります。
この場合、画面中央のURLをタップするとURLがコピーされるので、そのURLをSafariまたはChromeでURLに貼り付けて開きます。

すると、Zoomのアプリが起動して、ミーティングに参加することができます。
 

 



アプリから参加する場合



パソコン、スマホどちらもほとんど同じ操作なので、合わせて説明します。
 
①直接アプリからミーティングに参加する場合は、Zoomのアイコンをクリック。
 
 
②パソコンの場合、Zoomの起動画面が表示されたら、「参加」のボタンをクリック。


 
 
③「ミーティングに参加」のボタンをクリック。

 

 
④会議IDには招待者から共有されているミーティングIDを入力し、ミーティングで表示される名前を確認して「参加」します。


 
※ミーティングIDがわからない場合は、招待URLに記載のある9〜11桁の数字がIDになるので、その数字を入力してください。

⑤その後、セキュリティ強化のため、「パスワード」の入力を求められる場合があります。
その場合は、主催者からIDと一緒に送られてくるパスワードを入力してください。


 
しばらくすると、ミーティングに参加ができます。
 
 

次回につづく


 

いかがでしたでしょうか?


招待者からの連絡を元に、アナウンス通り入力等を進めていけば、2回目以降はすんなりとミーティングに参加できるのでは無いでしょうか?


次回は、ミーティング中に使える機能などを紹介していきますので、お楽しみに〜♪



▼ インストールなど


▼ 参加中の操作