もう焦らない!【実録】「こんな変わった面接ありました!」集 



皆さん、こんにちは!

 
就職活動を控える学生にとって、

『面接』は不安の種じゃないでしょうか。






面接といえば、個人面接と集団面接があり、

面接官に何個か質問された後、逆質問をするという流れが一般的です。

 

 

しかし、突然

 

「なんだこの面接は!?」





 

 

とイレギュラーな面接に遭遇したときに焦らないように、

就活を終えた先輩が実際に体験した、少し変わった面接を紹介します!



少しでも不安が解消されれば嬉しいです(*'▽')




 

1.ライフラインチャート




 

ライフラインチャートとは、

 

自分がこれまで生きてきた道筋を、自分が感じた「幸福感」の高低によって1本の線で表現したものです。

 

表の横軸は時間軸、縦軸は幸福感(良い、悪いの感情の流れ)を表します。

 

 

 

【面接の流れ(集団面接の場合)】

①面接官の指示のもと、ライフラインチャートを記入する

★POINT★
最近のことだけでなく、過去のことまでしっかり振り返っていることをアピールしましょう!

 

②面接官と他の学生に自分のライフラインチャートを発表する

★POINT★
大きな声でハッキリゆっくり話しましょう!

また、他の学生の話を聞く態度も見られています!

面接中は気を抜かないようにしましょうね!!

 

③学生同士の質問タイム

★POINT★
発表者の話をしっかり聞いて、気になることがあれば質問をしていきましょう!
その際、発表者のアラを探すのではなく、素直に興味が持てることについて質問すると良いですね。



④面接官の質問タイム

★POINT★
面接官がどうしてその質問をしたのかな?と質問意図を汲み取った回答をしましょう!





 


 

2.ペアでインタビュー




 

【面接の流れ】

①二人一組になって軽く自己紹介

★POINT★
初対面の相手ですが、笑顔で明るく接するようにしましょう!

 

②相手の”良いところ”を引き出せるようにインタビュー

★POINT★
インタビュー中は”頷き””相槌”などをして、聞く態度の良さをアピールしちゃいましょう!

また、インタビュー中に無言にならないように、どんどん質問していきましょう!

 

③面接官に相手の”良いところ”を発表

★POINT★
面接官に伝わりやすように、インタビューした内容を整理して発表しましょう!



④インタビューをした感想を共有

★POINT★
インタビュー面接を通して得た気付きや学びを面接官に伝えましょう!

最後まで気を抜いちゃダメですよ〜!

 







今回ピックアップしたのは、インタビューを通して”良いところ”を引き出すというお題でしたが、

業界によってお題も変わる可能性があります。

 

どのようなお題でも、インタビュー系の面接のポイントは、聞く態度です!

 

ついつい話す方に力を入れがちですが、頷き相槌を心掛けましょう!




また、ペアで活動する面接は、自分だけ頑張るのではなく、

相手と一緒に頑張る気持ちを持つことが大事です!




 

相手を敵視せず、協力して面接を乗り越えましょう!

せっかくなので、面接を通して就活友達を作るのもアリですね!

 

 

3.プレゼンテーション




 

プレゼン面接の場合は、面接の一週間前くらいに連絡が来ることが多いです。

お題は一般的なものが多く、取り組みやすいですが、プレゼン経験があまりない人は焦ってしまうことも。。。



 

そんな人も、大丈夫!!!

 
 

 

今回は、

【発表内容】・【スライド】・【発表】にわけて対策ポイントを紹介します!


この3点を抑えれば、プレゼンの形式は大丈夫!


伝えたい中身に集中して臨みましょう!!



 
【発表内容】

①お題に対応した発表内容になっていますか??

★POINT★
当たり前ですが、お題に合ってない内容を作成しても全く意味がありません!

面接官が求めていることはなんなのかしっかり考えましょう!

 

②論理的な内容になっていますか?

★POINT★
論理的思考はビジネスの世界ではマストです!!

数値データなどを利用して説得力のあるストーリーを心がけましょう!

 

③オリジナリティがありますか??

★POINT★
他の人と同じような発表内容では、周りと差がつきません!

あなたならではの着眼点で内容を構成していきましょう!

 
【スライド】



 

①スライドはシンプルですか?

★POINT★
基本的にワンスライド・ワンメッセージです!

ついついたくさん盛り込みたくなりますが、そうすると結局何を伝えたかったのかわかりにくくなる場合もあるので、

なるべくシンプルなスライドを作るように心がけましょう!

 

②図や表、写真を使っていますか?

★POINT★
文字ばかりのスライドだと、逆に読みにくいスライドになりがちです!

図などを効果的に使って、発表の際、言葉で補えるものは文章を減らし、

スライドでは視覚的に伝えられると良いでしょう!



③レイアウトに統一感がありますか?

★POINT★
統一感のないスライドは見にくいので注意しましょう!

項目ごとで、タイトルや見出しを統一するのはもちろんですが、

無駄にカラフルにしたり、フォントサイズがバラバラだと、

どこに注目すれば良いかわからなくなってしまいます。

 

【発表】



 

①ゆっくり、ハッキリ話しましょう!

緊張して早口になってしまいがちですが、

面接官が聞き取りやすいスピードで話すように心がけましょう!

 

②面接官の目を見てみましょう!

発表の際、カンペがないと不安な気持ちもわかりますが、

聞き手である面接官の方を向いて話したほうが印象が良いです。

事前にしっかり練習して本番に臨みましょう!

 

③発表時間を守りましょう!

指定された発表時間をオーバーしないように、練習しておきましょう!

 

 

 

 

いかがでしたか?


焦らず面接を乗り越えるには、事前に対策しておくことが大切です!



あらゆるパターンを想定して、頑張ってくださいね!